子供たちの作品!

図画の部

0

ポエムの部

0

ひまわり

 

北中城小学校 三年 伊佐 日和

 

ひまわりさんってとってもきれい

元気なお日さまにてらされて

いつもピカピカわらってる

 

ひまわりさんってとってもすごい

せいたかのっぽで

みんなをいつもみまもって

キラキラかがやいている

 

ひまわりさんってとってもすてき

たくさんのたねで

平和を

どんどんふやしていく

 

 

ひまわりさいた

 

島袋小学校 三年 桃原 世那

 

ひまわりさいた

元気にさいた

 

太陽ポカポカ

ひまわりキラキラ

みんなポカポカ

みんなキラキラ

 

ひまわりさんずっと上向き

太陽見てる

 

ひまわりさん元気いっぱい

みんな元気

ずっと元気

 

 

ひまわりの光

 

島袋小学校 三年 金城 理子

 

さぁ黄色の世界にとびこもう

あなたのすがたをみせてくれ

 

キミがみんなのえ顔の一つ

光るその体はまるで天使

心のまほうつかい

人をしあわせにする力

 

さぁみんなでえ顔を作ろう

キラッキラ

世界一のおひめさま

心を一つに

キラッキラ

 

 

ひまわり

 

島袋小学校 二年 比嘉 ひなた

 

ひまわり

せかいでいちばん

きれいで

 

 

こころもからだも

ぽっかぽか

 

 

まるでひまわりは

ひなたぼっこを

しているみたい

 

 

ひまわりさん

 

北中城小学校 二年 島 果南

 

元気いっぱい ひまわりさん

元気のちょ金ばこ ひまわりさん

ひまわり見るとげんきがいっぱいいっぱい

出てきます

どんどんどんどん

出てきます

お日さまきらきら ひまわりさん

風にもまけない ひまわりさん

強くて元気な ひまわりさん

お日さまにあたってうれしそう

風にふかれて楽しそう

ひまわり見ると

どんどん どんどん どんどんと

元気な力が出てきます

 

 

ひまわりのこい

 

北中城小学校 四年 前津 美有

 

ひまわりと太陽はわらってる

ひまわりは太陽にこいしてる

いつもいつも

太陽の事を見つめてる

雨の日だって

かぜの日だって

太陽が雲にかくれている日だって

いつもいつも

見つめてる

ひまわりがわらっている時は

太陽がわらっている時

もっともっと

こいをして

もっともっと

見つめ合い

二人はいつもわらってね

 

 

たった一つの命

 

北中城小学校 五年 久高 夢菜

 

ヒマワリは

一つの花から何百という命が生まれる

だけど

一つ一つの種は

どんなに強い風も雨ものりこえて

精いっぱい生きている

 

だから私達も

どんなに悲しくても苦しくても

ヒマワリのように強く生きよう

 

だって

たった一人しかいない

たった一つの大切な命だから

 

 

夏の人気者

 

島袋小学校 四年 與那原 周

 

パシャッ パシャッ

カシャッ カシャッ

 

カメラの音がする

みんなが私を見ている

あーあ

よくねむっていたのに

まぁいいか

 

私は夏に花をさかす

ひまわり

私はみんなを元気にする

 

だから私は

夏の人気者

 

 

向日葵の記念写真

 

島袋小学校 六年 日高 怜

 

一面の緑の中に明るく元気な

顔、顔、顔

はずかしそうな顔

うれしそうな顔

楽しそうな顔

どれも皆きらきらかがやき

ぎょうぎ良く並んでいる

 

今日は皆で記念写真

それ、いくよー

はいチーズ カシャッ

いい写真がとれたな

じまんげなおてんと様

 

 

求めるもの

 

島袋小学校 四年 屋良 朝之

 

今日、ひまわりを見ると

二メートルになっていた

次の日も 次の日も

ぐんぐんのびていった

 

ひまわりは何を求めて

天にのぼっているのだろう

 

ぼくは夢を求めて

人生の階段をのぼっている

 

ひまわりはきっと

光を、平和を

求めているのだろう

 

 

ひまわりの友だち

 

北中城小学校 四年 當銘 美結

 

ひまわりはみんな

お日さまの友だち

暑い夏でも

元気いっぱい

 

大きいひまわり

小さいひまわり

太いひまわり

細いひまわり

 

みんなちがうけど

それでいい

みんな個性だから

 

 

さん・ふらわー

 

 北中城中学校 三年 東江 佳奈

 

理想どおりにいかなくても

失敗してしまっても

わらっていればきっと大丈夫

あの花みたいに笑っていれば

 

まわりのみんながきっと助けてくれるよ

希望を抱いて 元気をだして

 

ひつようとされていないと感じても

必要のない「もの」なんてこの世界にないから

 

君の上にも僕の上にもあの花の上にも

やさしい光が降り注いでいるように

 

 

ひまわり 

 

北中城中学校 三年 仲村 泰地

 

また君が来た

 

僕の目の前に座って

 

優しくほほ笑んだ

 

僕と君の限られた時間

 

僕は君に恋をした

 

君に「好き」って伝えるよ

 

最高の笑顔で

 

そして僕は君の手のなかへ

 

 

ひまわり

 

北中城中学校 一年 比嘉 あいり

 

ひまわりに

いいもの、ダメなものなんて

関係ない

人に

いい子、ダメな子なんて

関係ない

 

ひまわりだって人だって

それなりにがんばってる

太陽に、目標にむかって

がんばっているんだ

 

ひまわりに負けないように

 

 

ひまわり

 

北中城中学校 二年 上間 結木

 

夏のひざしは強すぎて

あなたの笑顔はまぶしくて

思い出すのは太陽の花

今日もひまわりは咲いていた

 

別れの日こそはさよならの日

別れの日は辛いけど

あなたの涙はやさしくて

思い出すのは太陽の花

今日もひまわりはここに揺れていた

 

大人になっても

あの夏を

あのひまわりを

一生忘れないだろう

 

 

輝くひまわり

 

北中城中学校 一年 普久原 汐香

 

広い大地

広い空の下

そこに君がいる

 

 

この広い大地に負けないくらい

君は大きく力強く咲いている

そんな君を見ると元気がでる

 

 

君に出会えてよかった

私は君が

大好き

 

 

ひまわり

 

北中城中学校 一年 平田 史弥

 

ひまわりは

小さな太陽

その小さな光たちは

故郷を照らす

そして

僕たちの心を

優しく照らしてくれる

 

そんな

ひまわりのように

僕もみんなの

太陽になりたい

みんなを照らす

心の中の光になりたい

 

 

ひまわり

 

北中城小学校 三年 比嘉 優花

 

青い空の下

黄色い海原が広がる

それはひまわりたちの合唱隊

 

大空に向かって

ひびきわたる歌声

それは、太陽の歌

 

太陽は、わたしの心

ひまわりのようなまっすぐな心

 

ひまわりのように

生きていきたい